グリーンクレンズカクテルの成分を分析してみた

グリーンクレンズカクテルの成分を分析してみた

今、口コミやSNSなどで効果があるという声が続出し、芸能人の方々も愛用者が結構いるみたいで人気が急上昇中のグリーンクレンズカクテル。

見た目も可愛くてグリーンスムージー独特のクセもなく、美味しくて飲みやすいマンゴーフレーバーが評判のグリーンクレンズカクテルですが本当に効果がある成分が含まれているのか気になっちゃいますよね。

そんなグリーンクレンズカクテルの人気が女子たちの間で急上昇中の理由と効果が期待出来る成分についてまとめてみました!【グリーンクレンズカクテル】

グリーンクレンズカクテルの成分と効果

健康的でキレイを保つダイエットの効果を実感するには、美容と健康のための栄養成分をバランスよく摂る事です。摂取カロリーを抑えながらも必要な栄養成分を毎日摂ることが非常に効果的なんですね。

正しいダイエットとは、中々難しいモノなんです。そんな悩みを解決する効果を期待できるのががグリーンクレンズカクテルです。

グリーンクレンズカクテルは大麦若葉をはじめ、スーパーフードのモリンガや107種類のフルーツや野菜を元にした酵素などの栄養成分が豊富に含まれています。

難消化性デキストリンを主とした食物繊維やビフィズス菌も配合していて、ダイエットしながら肌やお腹のトラブルを解決する効果も期待できるでしょう。

しかし、有名な健康成分や美容成分でも実際にどんな効果があるのか詳細を知る人は少ないハズ。この記事ではグリーンクレンズカクテルに含まれている成分の効果について詳しくまとめてみたので是非参考にしてみてくださいね。

体の内側を洗い流すスッキリ成分

グリーンクレンズカクテルは便秘解消の可能性が大きく高まる成分が豊富に含まれています。便秘はダイエットの天敵です。

体の内側から綺麗に洗い流す事で腸内環境が整い、綺麗に近づくダイエットの第一歩が始まります。

スッキリ成分 ビフィズス菌

ビフィズス菌は腸内に住む、善玉菌として有名です。ビフィズス菌の主な働きは腸内でオリゴ糖や乳糖を分解して、乳酸や酢酸を生み出し腸内を酸性に近づけます。

腸内の悪玉菌が増えると腸内環境はアルカリ性へと近付き、その結果便秘の症状が出たりとお腹の調子が著しく悪くなります。

反対に善玉菌は酸性を好み、腸内の善玉菌が増えると腸内環境は弱酸性へと近付きます。生まれたばかりの赤ちゃんの腸内は弱酸性です。腸内環境を綺麗に整えるためにはビフィズス菌の働きが不可欠なんですよ。

スッキリ成分 オリゴ糖

オリゴ糖は砂糖などと違って胃などで消化されにくく、大腸まで届く糖質です。このオリゴ糖はビフィズス菌をはじめとする乳酸菌の栄養となり、腸内の善玉菌を活発にさせます。腸内環境を整えるためには欠かせない成分なんです。

腸内をスッキリ洗い流すためには善玉菌の働きが重要です。腸内の善玉菌も生きています。しっかりと栄養成分を補給させて、頑張ってもらいましょう!

スッキリ成分 難消化性デキストリン

難消化性デキストリンとは、水溶性食物繊維の一つです。食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますが、難消化性デキストリンは水溶性のものになります。
野菜であればトウモロコシやキノコ類などが水溶性食物繊維を含んでおり、便秘解消にとても効果が期待できます。

普段の食事だけでは摂取量に限界のある成分である食物繊維を積極的に取り入れる事で、お腹をスッキリ洗い流すサポートをしてくれます。

日常生活では補えない栄養成分を配合

グリーンクレンズカクテルは日常生活で意識しないと摂る事ができない、体が必要な栄養成分をしっかりと気軽に摂る事ができ、お腹の調子を整えたり体調を整える効果が期待できます。ダイエットを継続するにあたって自身の健康が第一です。

手作りのジュースや普段の生活の中では摂る事ができない栄養成分も豊富に配合されているので、健康的なダイエットを目指している方には効果的です。

体を整える成分 大麦若葉

大麦若葉には活性酸素を排除する効果が期待できます。

大麦若葉に豊富に含まれているポリフェノール、ビタミン、SOD酵素には抗酸化作用があります。これによって血液中のコレステロールや中性脂肪が活性酸素と結びつきドロドロの血液になってしまうのを防いだり、体内で過剰となった「活性酸素」を取り除き無毒化してくれます。

血中脂肪が多いと動脈硬化や高血圧につながります。血の流れが悪いと代謝も落ちてしまって、脂肪燃焼の効率も著しく落ちます。活性酸素は健康を脅かす厄介者です。

そんな、活性酸素を排除すべく大麦若葉を積極的に取り入れて、内側からキレイに近づきましょう。

体を整える成分 モリンガ

モリンガとは亜熱帯地域に自生する西洋わさびの木で、正式名称はホースラディッシュツリーと言います。原産国は北インド。

日本でも主に沖縄など温かい場所で栽培されています。モリンガは種から根っこに至るまで、全ての部分が食べられる事や殺菌成分・消臭成分、香辛料や漢方として幅広い利用価値がある事から【奇跡の木】とも呼ばれています。

そんなモリンガの効果として、アンチエイジング効果・デトックス効果・リラックス効果免疫力UPなど様々な効果が期待できます。

大昔から人々の健康を支えてきたモリンガは近年の研究から明らかになった常識を逸した栄養成分の高さや環境保全効果を高く評価されていて、【次世代のスーパーフード】と呼ばれています。

体を整える成分 ハワイアンスピルリナ

ハワイアンスピルリナには、様々な成分が配合されています。また、健康に対する効果やメリットも複数期待できると考えられており、スピルリナを摂取することが望ましいと認識されています。
生活習慣病の予防に効果を発揮するバナジウム
ハワイアンスピルリナに含まれる成分の中では、バナジウムが最も特徴的なものとして挙げられています。バナジウムは血糖値を緩やかに下降させる作用があると考えられており、糖尿病になりにくくすることが期待されています。
ハワイアンスピルリナを取り入れることで、全身の健康のケアに対して役立てることが容易になるのではないかと考えられています。バナジウムは血糖値や血圧の状態を良好に維持できる可能性が高く、生活習慣病などの疾患予防に効果的です。

また、豊富なミネラル群が配合されている点も特徴のひとつとなっており、全身の健康維持や体調を整えることに対して作用すると認識されています。ミネラル群以外のタンパク質や食物繊維、ビタミン軍などの基礎的な栄養素も満遍なく配合され、毎日の健康的な暮らしをサポートしてくれる存在であると評価されています。体調を常に万全に整えたいと希望している人や、生活習慣病になるリスクを下げたいと希望している人など、多くの人にこのハワイアンスピルリナの摂取が推奨されるのではないでしょうか。

体を整える成分 クミスクチン

クミスクチンという植物をご存じでしょうか。沖縄ではウコンやグァバと並んで非常に有名な三大野草の一つとして知られており、様々な有効成分を含む健康茶として親しまれています。ここではクミスクチンという植物について、またその有効成分と効果についてご紹介します。

クミスクチンとは
学名をOrthosiphon aristatusと言い、シソ科(Labiatae)のネコノヒゲ属(Orthosiphon Benth)に分類されています。クミスクチン(Kumis kucing)とはインドネシアでの呼び名で、英語ではcat whiskers、日本では和名でネコノヒゲと呼ばれています。東南アジアのような熱帯地方を中心に幅広く自生している植物で、日本には薬用植物として導入された経緯があります。見た目に猫のひげのような白色または紫色の花を咲かせることが特徴で、和名も英語もまさに見た目からつけられているようです。

クミスクチンの成分と効果
日本では沖縄で健康茶の一つとして盛んに栽培されており、有効成分にはポリフェノールの一種であるロズマリン酸やミネラルの一種であるカリウムを豊富に含んでいます。次に、具体的な効果について見ていきましょう。

・ロズマリン酸による血糖値上昇の抑制

・アレルギー軽減

・カリウムによる浮腫みの解消
クミスクチンは血糖値の上昇やアレルギー軽減、浮腫み解消など多くの有用な効果がある植物です。日本だけでなく世界中で長年愛用されていることから、常識的な範囲での飲用についてその安全性に大きな問題はないと言えるでしょう。日常の食習慣にプラスアルファするだけで健康ケアしたいと考えている方や、病院で薬をもらうほどではないものの様々な症状に悩まされている方には、是非とも試していただきたいものと言えますね。

体を整える成分 酵素

酵素を摂り入れることで代謝を上げてダイエットにも向いていますがそれだけではありません。美容にもお勧めです。

酵素は年齢とともに減ってしまうので摂りいれることでエイジングケアにも向いているからです。体の中を本来の働きにしてくれるのが酵素です。そのため酵素がしっかり働いてくれると老廃物をちゃんと体から出してくれます。老廃物がしっかり流れてくれると体の冷えにも効果的でしっかり巡りをサポートしてくれます。

そのためお肌にもおすすめなのです。老廃物をしっかりだすということで便秘にももちろん良いといえます。

食欲を抑える!抑制効果成分

食べたいけど我慢!ダイエット中の辛い事として一番に思いつく人も多いでハズ。

グリーンクレンズカクテルにはそんな食欲を抑制してくれる成分が配合されています。食べる事を我慢できずにダイエットに失敗してしまう方には、グリーンクレンズカクテルがおススメです。

食欲抑制成分 アフリカンマンゴノキエキス

食欲を抑制するためには【満腹中枢刺激ホルモン】の働きを活発にしなければなりません。公式サイトでも言っているレプチンという物質が、体内での満腹中枢を刺激する満腹中枢刺激ホルモンなんです。

レプチンは超善玉ホルモンとも呼ばれていて【満腹中枢刺激ホルモン】としての働きの他にも、体についた贅肉(脂肪細胞)をエネルギーとして消費可能な脂肪酸に変化させたりと、かなり有能です。

このレプチンの働きをより活発化させるのがもうひとつの超善玉ホルモン、アディポネクチンです。しかし体脂肪の多い体からはこのアディポネクチンが発生しにくい事がわかっています。

そんなアディポネクチンの分泌量を約2.6倍増加させる効果がアフリカマンゴノキエキスにあるということが近年の研究で解明されています。

食欲が抑えきれずにダイエットに失敗してしまう方にはとてもおススメなアフリカマンゴノキエキスですが、食べるの幸せ!とか脂肪を蓄えたい!という方にはおススメできません。

リバウンドのリスク最小限でダイエットするならグリーンクレンズカクテルがおススメです。

正しいダイエットとは必要な栄養素をきちんと摂りながら摂取カロリーを抑える事です。

グリーンクレンズカクテルは忙しい毎日を送るあなたの為のダイエットサポート飲料です。自分のチカラだけで根気強くダイエットするのは本当に辛いですが、サポート役としてグリーンクレンズカクテルを使用すれば効率的かつ効果的なダイエットが実現可能だと思います。

しかも栄養素が豊富で、ダイエット完了後の恐怖のリバウンドというリスクが最小限に抑えらるグリーンクレンズカクテルはかなり有能だと思います。

ダイエット成功の喜びを何度も実感したい!という方には一回のダイエットでリバウンド無く終了してしまうグリーンクレンズカクテルはおススメできませんが、そうでない方には効果的なグリーンクレンズカクテルをおススメしています!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る